小学生の暴力行為 ~8年前の5倍「感情抑制できない」

小学生の暴力行為
~8年前の5倍「感情抑制できない」

2015.9.17産経新聞より

全国の小学生の暴力行為が2年連続で1万件を突破し、過去最多となったことが16日、文部科学省による平成26年度の問題行為調査で明らかになった。文部省は家庭での教育機能の低下などのほか、現場の教員が把握する姿勢を強めたため件数が増えたとみている。

 調査報告書によると、26年度の小中高生による暴力行為の発生件数は前年度比5,103件減の54,242件。内訳は中学生が前年度比4,563件減の35,683件。高校生も前年度比1,112件減の7,091件だったが、小学生は前年度比572件増の11,468件に上り、統計を取り始めた19年度以降で過去最多となった。

また、小中高生1千万人あたりの都道府県の暴力行為発生件数は大阪が10.6件で最も多く、最小は秋田県の0.6件だった。格差の背景には自治体全体での暴力行為のとらえ方の相違や教員の問題意識の『温度差』もあるとみられている。

過去最多となった暴力行為発生件数のうち、低学年での増加傾向も明らかになった。文部省によると暴力行為の加害児童数は6年生で3,217人で最小。しかし、19年度以降の増加率では6年生が1.9倍と最も少ないのに対し、1年生は5倍と最も増えた。小学校で暴力行為が増えた要因について各都道府県に聞いたところ、「感情のコントロールがうまくできていない」「ささいなことで暴力に至る事案が大幅に増えている」などの回答が寄せられた。

 具体的な事例では、ドッジボールでボールが当たったことを笑われた児童が、笑った児童を追いかけて暴力をふるったり、教師から指導された1年生が腹を立てて何度も蹴り、教師が病院で受診したりするケースもあった。文部省の担当者は「感情のコントロールがうまくできない児童が増え、家庭での教育機能も低下しているのではないか。」と指摘。

 国立教育研究所の藤平敦総括研究官は「キレやすい児童が急に増えたわけではない」とし、むしろ小中一貫教育の広がりに伴う教員の意識の変化に着目する。「小中の教員が一緒に研修する機会が増え、小学校ではこれまで見過ごしてきたささいな行為も問題視して報告するようになったのではないか」と話す。一方キレやすい児童も少なくないとし、「児童一人ひとりが活躍できる機会を確保し、学校でも居場所づくりを進めていくべきだ」と強調した。

 問題行為調査で報告される予定だったいじめ件数については、岩手県矢巾市の中学2年、松村亮君がいじめを苦に自殺したとみられる問題を受け、文部省が各教育委員会に再調査委を要請し、10月下旬に公表する。

 このほか、小中学校での不登校児童数は前年度比3,285人増の122,902人に上り2年連続で増加。小中高校から報告のあった児童生徒の自殺者は前年度比10人減の230人で、いじめの問題があったのは5人だった。




15/11/29
待ちに待った運動会

清々しい秋晴れの日が続き、赤とんぼも群れをなして飛んでいます。いよいよ待ちに待った運動会が近づいてきましたね。子どもさん達は、毎日、楽しみながら競技やリズムの練習に励んでおります。学年が上がるにつれ、各々が目標を掲げ、努力する真剣な表情・・・。出来るようになった時の喜びの表情・・・。また、お友達と協力する姿、悔し涙を流す姿・・・。私達保育者も、子どもさん達と一緒に歓喜し、共感し、成長発達を見守っていきます。

また、種目を発表するだけでなく、子どもさん達は、自分達の発表するステージ作りもしています。「石があったら、転んだ時痛いよね。」「草を抜いてキレイにしてお家の人を呼びたいね。」毎日進んで、石拾いや草抜きをする子どもさん達。「10個も拾ったよー!」と年少さん。「僕は100個も拾ったんよ。」と年長さん。このような異年齢での、面白い会話も聞こえ、石拾いも数遊びとして貴重な学習になっています。

石ころは、運動会にはとても厄介で邪魔者かもしれません。いまは、バケツの中で次の出番まで静かに待っています。次なる出番は!! 11月17日 日曜日の作品展の、子どもさんの作品や製作を輝かせる役目で、貴重な教育資源であります。(リサイクル教材です。)このように、徳育教育という営みには多面的で、私達にとりましては立派な教材として使います。大事なことです。昔から『みんなが人のために 人がみんなのために』という気持ちで石ころを拾っている。大事なことです。これこそが徳育調和波動教育です。

自分達が主役の発表をする場、自分達で作り上げたステージ。当日、フィールド内に第一歩を踏み入れるのは、主役である子どもさん達であって欲しいと思います。

子どもさんは、私達大人や小学生のお兄さんお姉さんを観て、真似(模倣)して成長していきます。しかし、それが悪いこと(食べ歩きや危険な場所に登ったり。)であっても真似をしてしまうかもしれません。そんな時は、周りにいる大人がみんなで注意を促しましょう。そして、自分のマナーも振り返ってみて下さい。大人ができないことを子どもさんには注意できませんものね。ルールを守って子どもさん達が一番輝く素晴らしい運動会をみんなで作り上げていきたいですね。

入園、進級からはや7ヶ月経ちました。当日は、一人ひとりの子どもさんが成長していることに涙を流して喜んでいただけることと思います。自分のお子さんだけでなく、「あぁ、こんなに小さい頃もあったなぁ。」「大きくなったらこんなことができるんだなぁ。」と他ホームさんの発表にも目を向け、子どもさん一人ひとりが競技に集中できるように、ご協力をよろしくお願いいたします。

**********************秋季運動会について**********************

くたに幼稚園では、昭和53年の学園創立以来、特に徳育教育を基本に礼儀作法、感謝と思いやりの心を養育しています。

「見せる保育」や「見せる運動会」ではなく4月にご入園、ご進級された時より年間教育計画を立て「子ども中心の教育」「子ども本位の教育」に主眼を置いて頑張ってまいりました。

人間は元来わがままです。幼稚園では乳幼児期の脳のやわらかい時期からわがままを制御する力、持ちこたえる力、忍耐力のある人間形成をしています。子どもは一人ひとり発達段階や速度が異なります。特に知的発達、道徳的発達、宗教的情操教育などがそうです。

オープン保育では特に3つの事が育ちます。
1. 自分でやろうとする意欲や意思
2. 責任感 自主性
3. 適性 その人に合った仕事、職業

以上のように4月から9月までの、体育、徳育、知育が一体となった子どもさん達の成長している態(すがた)をごゆっくりとご参観して下さい。

平成27年10月吉日
園長 西田昌幸




15/11/09