トップページ
一日のできごと
園の概要
園の生活
QRコード
園長先生のお話は
携帯からもご覧頂けます。
こちらのQRコードからご覧ください。
 
 タイトル一覧:  
待ちに待った運動会
平成30年10月吉日
徳育学園くたに幼稚園
園長 西田昌幸
   教員一同

 清々しい秋晴れが続き、赤とんぼも群れをなして飛んでいます。いよいよ待ちに待った運動会が近づいてきましたね。子供さん達は、毎日、楽しみながら競技やリズムの練習に励んでおります。学年が上がるにつれ、各々が目標を掲げ、努力する真剣な表情…。出来るようになったときの喜びの表情…。又、お友達と努力する姿、悔し涙を流す姿…。私達保育者も、子どもさん達と一緒に歓喜し、共感し、成長発達を見守っています。

 また、種目を発表するだけでなく、子どもさん達は、自分達の発表するステージ作りもしています。「石があったら、転んだとき痛いよね。」「草を抜いてキレイにしてお家の人を呼びたいね。」毎日進んで、石拾いや草抜きをする子どもさん達。「10個拾ったよー!」と年少さん。「僕は100個も拾ったんよ。」と年長さん。このような異年齢での、面白い会話も聞こえ、石拾いも数遊びとして貴重な学習になっています。

 自分達が主役の発表する場、自分達で作り上げたステージ。当日、フィールド内に第一歩を踏み入れるのは、主役である子どもさん達であって欲しいと思います。

 子どもさんは、私達大人や小学生のお兄さんお姉さんを観て、真似(模倣)して成長していきます。しかし、それが悪いこと(食べ歩きや、危ない場所に登ったり。)であっても真似をしてしまうかもしれません。そんな時は、周りにいる大人がみんなで注意を促しましょう。そして、自分のマナーも振り返って見てください。大人ができていないことを子どもさんには注意できませんね。ルールを守って、子どもさん達が一番輝く素晴らしい運動会をみんなで作り上げていきたいですね。

 入園、進級からはや7ヶ月が経ちました。当日は一人ひとりの子どもさんが成長していることに涙を流し喜んでいただけることと思います。自分のお子さんだけでなく、「あぁ、こんな小さい頃もあったなぁ。」「大きくなったらこんなことができるんだなぁ。」と、他ホームさんの発表にも目を向け、子どもさん一人ひとりが競技に集中できるようにご協力をよろしくお願いしたします。



18/10/12 7:32
教育人としての使命・責務
今の日本人は知識や能力はあっても、成熟した人間が足りえていない。
◎成熟を妨げている要員として
要求することだけを教え、奉仕(勤労、労働する喜び)を教えなかった戦後教育、平和や民主主義を達成された永久不変のように見なす風潮がある。そして現実には様々な問題があると認識した上で行動を決定するのが成熟という事です。
教育には・・・未来に夢と期待を抱くことができ、なお、現実の姿をも学んでいく日々、夢と感動の物語がある。     曾根綾子 読売新聞H13.1.23(水)



時代、社会が変わろうとも、基礎・基本・原理・原点をよく熟慮し、自らの人格形成、人格向上に努め、集団でしか学習できないこと、子どもの人間形成や社会生活に必要な知識の付与という日本でもっとも大きな社会的使命が教員にはあると思います。
そうした使命感に基づき、取り組むべき子どもに対する責任を個々の教員が自覚することから教育改革が始まると私は思います。

環境によって人は育つ  環境は人を創る

子どもが学校や外から帰ると必ず「お母さんは?」と言って母親の所在を聞く。おじいちゃん、おばあちゃんが、「お母さんは家庭の太陽だから・・・」それを聞いた母親、子どもはとても安心、生きがいを感じるしお年寄りを尊敬、感謝の念がある。
永く生きてきた人生の大先輩の含蓄深いことばは味わいがある。



18/10/12 7:31
調べる学習
くたに幼稚園 園長 西田昌幸


 桃太郎は一体どこの話なのだろうか?
桃から生まれた桃太郎が犬、猿、雉(きじ)を連れて、鬼ヶ島の鬼を退治する昔話だが、誕生地は全国に22ヶ所もあるそうだ。

 「『桃太郎』は「いい子」だとばかり思っていたので「怠け者」の桃太郎と聞いた時にはビックリしまし同時におもしろいと感じました」 茨城県茎崎町の小学5年、阿部潤さんが図書館で桃太郎話を探して読み比べてみると一つとして同じ話はなかったという。

 3年の時に読み比べた18話に、32話を加えて50話を比較分析した。
桃が流れてくる音、桃太郎の産声、性格、鬼退治の方法、などを克明に分類した。同級生110人にアンケート調査をして『桃太郎比較研究』をまとめ第5回『図書館を使った”調べる”学習コンクール』(図書館の学校など主催)に応募した。その出来栄えに「驚くほどの理論性、蓄積性があり、大学生も及ばない段階に達してた」と審査委員たちは感嘆した。

 「全国の小学生や学校にあまりにも卓越した作品を示すことになる」との声が出るほどで、審査委員特別賞に決まった。
「この研究をやってみて、昔話に限らず、『知っている』と思っても、実はもっと奥が深く知らない事がたくさんあるのではないかと思いました。『知っているから』と手をのばさないのではなく、いろいろなことに興味を持つことは大切だ!!と感じました。」

 研究結果をまとめた阿部さんの感想を拝見して、教育の深淵さと『調べる』学習、継続は力なり。日々努力することの大切さを学びました。表彰式での阿部さんはあどけない小柄な少女だったという。また、あとがきとして、上位入賞者のほとんどが少女であった事も申し添えておきます。


 平成13年4月より新学習という要綱により『調べる』学習が加えられました。



18/10/12 7:31
道徳的見識育てる人間学
13歳からの道徳教科書 道徳教育をすすめる有識者の会編(育鵬社・1200円)

 子供たちに、あるいはまだ見ぬ子孫のために、健全な社会を残し、よりよき生き方を伝えていくことは今を生きる者の責務だ。その務めを果たすべく、この世に生を受けた者は適切な年齢で道徳教育を受けなければならない。しかし、戦後の教育は道徳的見識を育てる人間学を全く軽視し、「人間如何に生きるべきか、人間どうあるべきか」ということを教えない教育であった。

 本書では、その行為を見て「美しい」と感じることができる世界中のいい話、そしてとりわけ日本人が誇るべき数多くの先人たちの行った素晴らしい話が編纂(へんさん)されている。本書を読むと、私自身が昔読んでいて良書だと思ったものからの抜粋が結構含まれており、初めて道徳教育におけるまともな教科書が出版されたということで大変喜ばしい。

 渡部昇一先生をはじめ本書の編纂に当たられた方々に心からの敬意を表するとともに、こうした書物が広く学校教育や家庭教育において活用されることを切に願ってやまない。併せて次の問題点としては、やはり今一度戦前のような師範学校をつくり、日本における道徳教育の教師を養成せねばならないということだ。

 例えば、『論語』を読んでいて「孔子という人は類まれなる師だなぁ」と私は心底思うわけだが、戦後教育というものを日教組が牛耳っていく中で生徒を真に伸ばしていくことができる先生はどんどん減っていった。孔子と同じく素晴らしい教育者の一人に、森信三先生がいる。森先生には、大阪天王寺師範学校本科での講義を纏(まと)めた『終身教授録』という著作物があるが、その内容は実に見事で読んでいて感涙にむせぶことが何度もあったぐらいだ。

 森先生のように情熱をもって教えと学びを共に実践していく人物が先生になるような教育制度の創設を「道徳教育をすすめる有識者の会」はぜひとも次のターゲットにすべきであろうと思っている。

 いずれにせよ、本書が出版されたことは非常に喜ばしく、尽力された方々に心からの敬意を評したいと思う。


評・北尾吉孝(SBIホールディングス代表取締役CEO)



16/01/08 15:37
つい夜更かし「もう寝なさい!」

親や先生からよく注意されることは?

1位 もう寝なさい・・・93人

2位 ゲームばかりしてはいけません・・・80人

3位 もっと勉強しなさい・・・76人

4位 きれいな字で書きなさい・・・67人

5位 早くお風呂に入りなさい・・・61人

6位 テレビばかり観てはいけません・・・57人

7位 (きれいに)歯を磨きなさい・・・48人

8位 朝、自分で起きなさい・・・46人

9位 食事をきちんと食べなさい
  (好き嫌いしてはいけません)・・・38人

10位 早く帰って来なさい・・・28人

(注)小学5年生から中学3年生までの男女200人が対象。調査時期は5月中旬
日本能率協会総合研究所(http;//www.jmar.biz/)の協力で実施


*************************************************


あれをしろ、これはするな、と大人は子どもにとやかく注意してしまうもの。「親や先生からよく注意されること」(複数回答)について子どもたちに尋ねたところ、就寝や食事など生活に関する注意のほか、テレビやゲーム、勉強に関するものが目立った。

 最多は「もう寝なさい」。「朝、自分で起きなさい」も8位と、夜更かし・朝寝坊をする子どもが多いようだ。しかし、口頭で注意するだけでは習慣を直しにくいことも。富山大学医学部准教授の関根道和さんは「子どもの年齢により早寝早起きのために親ができることは異なる」と助言する。

小学生のうちは家族の生活リズムが鍵。「小学生の睡眠不足の大きな原因のひとつは家族が寝るのが遅いこと。子どもが寝る時間にテレビを消すなど、寝やすい環境を整えてあげて」と関根さん。
中学生以降は家族とは独立した生活リズムを持ち始める。「午前10時〜12時に授業に集中できないなどの問題があるなら、睡眠を見直してほしい」

「早寝のためにはまず早起きを」と話すのは滋賀医科大学教授の宮崎総一郎さん。寝付きの時間を決めるのは起床後に浴びる朝の光。光で体内時計がセットされるので「夜寝る時間から逆算して約15時間前に起きるようにすればいい」。

リビングや子ども部屋の照明が明るすぎると「体内時計が1〜2時間遅れ、本来眠くなる時間に眠くならない」という。
部屋が暗くても携帯電話やパソコンの画面を見ていると脳が刺激されてしまうので、寝る前は控えよう。



15/12/30 18:35
心の教育について
徳育学園 くたに幼稚園
 園 長   西田 昌幸

 平成になってゆとり教育の関係で教育の多様性が強くなった気がします。
教育は人間形成、人格形成、品位向上が目的です。
くたに幼稚園での2歳〜6歳の幼児教育が大人になっても基礎基本として役立ってほしいと願って、私たちは子どもさん達と関わっています。

夏休みにはたくさんの子どもさんから素敵なかわいい暑中お見舞い、残暑お見舞いをいただきまして、大変嬉しく感じました。そればかりか、卒園児さんからもたくさん届き、みなさんから勇氣と元氣をいただきました。感謝し家庭教育の素晴らしさに感動しております。

 私たちは自由にのびのびなど、自由に!自由に!という言葉をよく使いますが、本当の自由とは責任のある自由です。責任のある自由はどのように養育、教育すれば育つのでしょう。自分勝手に、わがままに好きなことをする自由ではなく、人の邪魔をしない、迷惑をかけない、傷つけないという判断や行動ができる人に。私たちは保育をしながらいつも考え、話し合い、伝えています。以下は私たちの願いや思いです。


◎転んでも一人で起きられる子どもに
 大人になって、苦労・困難にぶつかった時、立ち向かっていくことのできる力を養う。(今の自分の力では難しいことでも挑戦しようとするパワーがある。)

◎夢を持った子どもに
 未来に夢と期待を抱くことができ、なおかつ現実の姿をも学んでいくことができる。(日々、夢と感動と物語がある。)

◎周りが見える子どもに
 他人の話を静かに集中して聞くことができるようにする。(家族の団らん・近所の子ども同士の集団遊びなど、人と人との心の触れ合いがある。)

◎心の優しい子どもに
 時間を忘れて本の世界に没頭することで、言語能力が成長し、感性が豊かにさらに人間性の向上にもつながる。
 生きていること自体を純粋に喜べるようにする。(また、こんなにも恵まれているという感謝の心がある。)

◎最後まで頑張りぬく子どもに
 親から口うるさく注意を受け過ぎて育った子は、意欲・持久力(忍耐力)が育ちにくい。
 では、自立(律)心はどうすれば育つのでしょうか?
一緒に考え、取り組んで行きましょう。



15/12/11 17:53
■これでいいのか?世界の中の日本■
徳育学園 くたに幼稚園
園長 西田 昌幸


日本人の徳育レベル
 OECD世界20カ国調査
 中学3年生を対象に調査

◎先生や親を尊敬していますか?・・・に対するイエスの回答
@韓国      84.9%
AEU(12カ国)  82.7%
Bアメリカ    82.2%
C中国(北京)  80.3%
★日本      20.7%(残念 驚きの結果)

※50%を切ると国家が危なくなる!!
※アメリカの中産階級は躾教育レベルが高い
※8歳の脳の発達ピーク 8歳までに厳しく躾教育をする
 9〜11歳は反抗期に入るので厳しくすると反抗するようになる

◎日本人の英語力・コミュニュケーション力→ディベートの力(議論・論争・討議)
 アジア55カ国中 日本 51位
 世界 154カ国中 日本147位

◎日本企業の国際成長率ランキング
 1992年 世界第 1位
 2009年 世界第27位

【日本人は自分の意見を堂々と主張することに欠ける】



15/12/02 17:41