トップページ
一日のできごと
園の概要
園の生活
QRコード
園長先生のお話は
携帯からもご覧頂けます。
こちらのQRコードからご覧ください。
 
 タイトル一覧:  
小学生の暴力行為 〜8年前の5倍「感情抑制できない」
小学生の暴力行為
〜8年前の5倍「感情抑制できない」

2015.9.17産経新聞より

全国の小学生の暴力行為が2年連続で1万件を突破し、過去最多となったことが16日、文部科学省による平成26年度の問題行為調査で明らかになった。文部省は家庭での教育機能の低下などのほか、現場の教員が把握する姿勢を強めたため件数が増えたとみている。

 調査報告書によると、26年度の小中高生による暴力行為の発生件数は前年度比5,103件減の54,242件。内訳は中学生が前年度比4,563件減の35,683件。高校生も前年度比1,112件減の7,091件だったが、小学生は前年度比572件増の11,468件に上り、統計を取り始めた19年度以降で過去最多となった。

また、小中高生1千万人あたりの都道府県の暴力行為発生件数は大阪が10.6件で最も多く、最小は秋田県の0.6件だった。格差の背景には自治体全体での暴力行為のとらえ方の相違や教員の問題意識の『温度差』もあるとみられている。

過去最多となった暴力行為発生件数のうち、低学年での増加傾向も明らかになった。文部省によると暴力行為の加害児童数は6年生で3,217人で最小。しかし、19年度以降の増加率では6年生が1.9倍と最も少ないのに対し、1年生は5倍と最も増えた。小学校で暴力行為が増えた要因について各都道府県に聞いたところ、「感情のコントロールがうまくできていない」「ささいなことで暴力に至る事案が大幅に増えている」などの回答が寄せられた。

 具体的な事例では、ドッジボールでボールが当たったことを笑われた児童が、笑った児童を追いかけて暴力をふるったり、教師から指導された1年生が腹を立てて何度も蹴り、教師が病院で受診したりするケースもあった。文部省の担当者は「感情のコントロールがうまくできない児童が増え、家庭での教育機能も低下しているのではないか。」と指摘。

 国立教育研究所の藤平敦総括研究官は「キレやすい児童が急に増えたわけではない」とし、むしろ小中一貫教育の広がりに伴う教員の意識の変化に着目する。「小中の教員が一緒に研修する機会が増え、小学校ではこれまで見過ごしてきたささいな行為も問題視して報告するようになったのではないか」と話す。一方キレやすい児童も少なくないとし、「児童一人ひとりが活躍できる機会を確保し、学校でも居場所づくりを進めていくべきだ」と強調した。

 問題行為調査で報告される予定だったいじめ件数については、岩手県矢巾市の中学2年、松村亮君がいじめを苦に自殺したとみられる問題を受け、文部省が各教育委員会に再調査委を要請し、10月下旬に公表する。

 このほか、小中学校での不登校児童数は前年度比3,285人増の122,902人に上り2年連続で増加。小中高校から報告のあった児童生徒の自殺者は前年度比10人減の230人で、いじめの問題があったのは5人だった。



15/11/29 15:25
待ちに待った運動会
清々しい秋晴れの日が続き、赤とんぼも群れをなして飛んでいます。いよいよ待ちに待った運動会が近づいてきましたね。子どもさん達は、毎日、楽しみながら競技やリズムの練習に励んでおります。学年が上がるにつれ、各々が目標を掲げ、努力する真剣な表情・・・。出来るようになった時の喜びの表情・・・。また、お友達と協力する姿、悔し涙を流す姿・・・。私達保育者も、子どもさん達と一緒に歓喜し、共感し、成長発達を見守っていきます。

また、種目を発表するだけでなく、子どもさん達は、自分達の発表するステージ作りもしています。「石があったら、転んだ時痛いよね。」「草を抜いてキレイにしてお家の人を呼びたいね。」毎日進んで、石拾いや草抜きをする子どもさん達。「10個も拾ったよー!」と年少さん。「僕は100個も拾ったんよ。」と年長さん。このような異年齢での、面白い会話も聞こえ、石拾いも数遊びとして貴重な学習になっています。

石ころは、運動会にはとても厄介で邪魔者かもしれません。いまは、バケツの中で次の出番まで静かに待っています。次なる出番は!! 11月17日 日曜日の作品展の、子どもさんの作品や製作を輝かせる役目で、貴重な教育資源であります。(リサイクル教材です。)このように、徳育教育という営みには多面的で、私達にとりましては立派な教材として使います。大事なことです。昔から『みんなが人のために 人がみんなのために』という気持ちで石ころを拾っている。大事なことです。これこそが徳育調和波動教育です。

自分達が主役の発表をする場、自分達で作り上げたステージ。当日、フィールド内に第一歩を踏み入れるのは、主役である子どもさん達であって欲しいと思います。

子どもさんは、私達大人や小学生のお兄さんお姉さんを観て、真似(模倣)して成長していきます。しかし、それが悪いこと(食べ歩きや危険な場所に登ったり。)であっても真似をしてしまうかもしれません。そんな時は、周りにいる大人がみんなで注意を促しましょう。そして、自分のマナーも振り返ってみて下さい。大人ができないことを子どもさんには注意できませんものね。ルールを守って子どもさん達が一番輝く素晴らしい運動会をみんなで作り上げていきたいですね。

入園、進級からはや7ヶ月経ちました。当日は、一人ひとりの子どもさんが成長していることに涙を流して喜んでいただけることと思います。自分のお子さんだけでなく、「あぁ、こんなに小さい頃もあったなぁ。」「大きくなったらこんなことができるんだなぁ。」と他ホームさんの発表にも目を向け、子どもさん一人ひとりが競技に集中できるように、ご協力をよろしくお願いいたします。


**********************秋季運動会について**********************

くたに幼稚園では、昭和53年の学園創立以来、特に徳育教育を基本に礼儀作法、感謝と思いやりの心を養育しています。

「見せる保育」や「見せる運動会」ではなく4月にご入園、ご進級された時より年間教育計画を立て「子ども中心の教育」「子ども本位の教育」に主眼を置いて頑張ってまいりました。

人間は元来わがままです。幼稚園では乳幼児期の脳のやわらかい時期からわがままを制御する力、持ちこたえる力、忍耐力のある人間形成をしています。子どもは一人ひとり発達段階や速度が異なります。特に知的発達、道徳的発達、宗教的情操教育などがそうです。

オープン保育では特に3つの事が育ちます。
1. 自分でやろうとする意欲や意思
2. 責任感 自主性
3. 適性 その人に合った仕事、職業

以上のように4月から9月までの、体育、徳育、知育が一体となった子どもさん達の成長している態(すがた)をごゆっくりとご参観して下さい。


平成27年10月吉日
園長 西田昌幸



15/11/09 19:17
「6歳の壁」は本当?
新聞を読んでいたら、こどもコンサルタントの原坂一郎さんに寄せられた相談コーナーが目に止まりました。

『6歳の壁』は本当?

Q ママ友の間で「6歳の壁」が話題になっています。子供の感覚が敏感なうちに手先や体を使わせれば、動作が器用になったり運動能力が高まったりするそうです。私の娘は6歳までにあと半年しかありません。歌が下手なのを何とかしてやりたいのですが、間に合うでしょうか。

A 「6歳の壁」という言葉は聞いたことがありませんでした。なるほど、そういう意味なのですね。でも「子供が小さなうちから手先や体をたくさん動かしていたら、様々な身体能力が高まる」というのは、昔から言われていたことです。「6歳の壁」も、その数字は単なる目安で、要するに「子供時代にしっかり体を動かし、何でも経験させてやりましょう」と言っているのだと思いますよ。

 私達は、具体的な数字に動かされやすく、例えばテレフォンショッピングでも、「先着○名様」「放送後△分までに」と言われたら、少し心が動きます。最初に「6歳の壁」という言葉を提唱した人も、「子供が小さなうちに」と言うより、「6歳までに」と具体的に言う方が聞く耳を持ってもらえると思ったのかもしれません(あなたがそうであるように)。

 6歳といえば、小学校に上がる年齢です。この時期はさまざまな壁がやってきます。例えば、子供が1年生になり、急に預けるところがなくなる共働き家庭の問題は「小1の壁」と言われています。「未就学児お断り」のコンサートは、家族で音楽を楽しみたい家庭にとってはまさに「6歳の壁」です。無料だった公共の乗り物が有料になるもの6歳です。

 「6歳は一つの節目となる年齢」くらいに思い、今からでもお子さんには、指先や体を動かすことは少しでも多く経験させてほしいと思います。今から何かを習いに行くのもOK。決して遅くはありません。歌のことを心配されているようですが、私の経験から言うと、歌が下手なのは親譲りであることも多いので、一度、親子でカラオケにでも行き、まずはご夫婦の歌唱力を確認してみてはいかがでしょうか。
〜原坂一郎の子育て相談より〜

  *********************************

「6歳の壁」私も初めて聞きましたが、こどもコンサルタントという職業もあるのですね。興味深い記事でした。





15/05/14 13:35
くたに幼稚園 ふるさとえひめ展に感激
えひめこどもの城 園長 清水 透

今月20日朝、園長先生より、「ぜひ子どもたちのふるさと展を見に来てください」とのご連絡をいただき、早速に園に赴きました。

 丁度、子どもたちはおいも掘りに出発直前で嬉々としていました。
後発の年少組さんたちは、いつものように一列に並んで先生と一緒に元気いっぱいの声で、親しみのある表情で私にごあいさつをしていただき大変嬉しく、また徳育教育の育みに包まれた至福の朝のひとときでした。

その後、主任の先生に「ふるさとえひめ展」へご案内いただきました。会場に入るや否や子どもたちの思いのいっぱい詰まった作品の数々に、まず圧倒!!「これはスゴイ」と。きっと子どもさんたちも保護者の皆様も同じように感激されたことでしょう。

これは、日常の豊かな見聞や遊びの体験の貯め込みや感性の豊かさにあるものと信じます。改めて遊びや仲間意識の共有と、いざというときの園全体のモチベーションの高まりにあるものと実感いたしました。
と同時に、そんな子どもたちのポテンシャルを引き出され、目・手・心を一体化した創造力(自分の思いを形や色、質感等の工夫)や納得するまでやり通す根気力を育まれました先生方の支援力には感服いたしました。

特に、年長・中・小さんたちの発達段階に応じた大胆な共同制作に見る松山城やこどもの城は圧巻、エネルギーを感じました。親しみのある坊ちゃんやマドンナは、園児の皆さんが大きくなった時に、きっと当時を懐かしく思い出され、誇れるふるさと意識にホッとできる貴重な体験となったことでしょう。また、生き物の好きな子どもたちが作った動物や虫さんたちには、一人ひとりの個性や思いが、体や細やかな手足の動き、さらには表情にまで心が注がれ、何よりも大切な感性の豊かな育みに感じ入りました。年少さんたちの郷土のお菓子づくりも良かったですね。「できたよ」と完成時に微笑む姿が目に浮かぶようです。

さらに特筆すべきは、毎年実施されている作品展が子どもさんたちの意気込みや育ちの糧となり伝統の力のようなすばらしさを感じさせていただきました。

今後とも、子どもさんたちの成長と貴園のさらなる発展をご祈念申し上げお礼のことばといたします。お招きいただきましてありがとうございました。私自身も感性への栄養をいただいたようで、創造への意欲を掻き立てられました。

最後になりましたが、今後ともご支援ご協力を賜りますよう宜しくお願いいたします。



14/12/10 11:00
第30回 江南荘ふれあいフェスティバル 〜江南荘運動会に参加して感動したこと〜
10月22日(水)に江南荘で運動会がありました。直前までお天気が危ぶまれましたが、子供さんたちの「おじいちゃん、おばあちゃんの前でダンス見せるんよね?」「まだ行かんの?」「ドキドキする〜!」「でも、もう完璧よね!」とやる気と元気のパワーが天に届いたのか、運動会が開催されることになりました。

江南荘に着くと、子どもさん達もおじいさん、おばあさんの隣で一緒に応援したり、年長さんは「なんてお名前ですか?」「好きな色はなんですか?」「好きな食べ物はなんですか?」と普段なかなか接することのない機会を大切に、会話を楽しむ姿がありました。すずらんホームさんは、お膝に座らせて頂いた子どもさん達もいました。初めは慣れないということもあり、少し泣いてしまう子もいましたが、触れあっていくうちに、自分からおじいさんおばあさんの傍にいったり、お膝に座りたいという子どもさんも何人かいました。
 
年長さんと年中さんの何名かのお友達は、おじいさん、おばあさんと一緒に手を繋ぎ、吊るされたお菓子を水鉄砲で取る競技を一緒にしました。子どもさんもおじいさん、おばあさんのスピードに合わせて、手を繋ぎ移動する姿や、反対に狙う位置をお話してくれたりと、自然に会話が生まれたり、採れたときに一緒に歓喜して喜ぶ姿があちこちで見られました。

子どもさんのダンスが始まるとおじいさん、おばあさんも笑顔で手拍手をしてくれて、子どもさん達もとても楽しく、活き活きと踊りきることができました。

踊り終えた子どもさんに「可愛かったね!」「すごい上手だったね!」と声を掛けてもらい、とても嬉しかったようで、幼稚園に帰ってからも「ダンスが上手だったと言ってもらえたのがすごく嬉しかった。」と教えてくれたり「おじいさん、おばあさんがすごく優しかったんよ。」「一緒に競技に出たのが嬉しかった。」「おばあちゃんの手がとっても柔らかかったよ。」「おじいちゃんの手はゴツゴツしてました。」「ぎゅーってしてもらったのが嬉しかった〜。」「お膝に乗せてもらって嬉しかった。あとふわふわだったんよ。」と一人ひとりが次から次へと、どんなことを思い、感じたのかを聞くことができました。「また行くの?」「もう一回行きたいな。」「今度はいつ行くの?」というつぶやき声が聞こえたとき、胸が熱くなり、ほのぼのとしました。

 今回、江南荘さんへ行くにあたり、おじいさん、おばあさんと触れ合い、耳が聞こえにくい方がいるかもしれないから、少し大きな声で話すことや、みんなの歩く速さで手を引くと速すぎるかもしれないということなど、相手の人のことを改めて考えて行動しよう、と確認しました。自分達とおじいさん、おばあさんでは手の感触や大きさもまた違うことなど、触れ合うことで知り、心と心の絆がより深まり、美しい心、優しい心が育まれているのだなと嬉しく思いました。以上のように、たくさんのことを学び、今日のことが一人ひとりの印象記録となりました。

 終了後、大雨となりました。

 招いて下さり、たくさんのご準備をして下さった江南荘の方々、どうもありがとうございました。お疲れ様でした。

※平成6年から小学校では学習要項で調べる学習へ、中学校では音楽と体育が合課し創作ダンスとなり取り入れられました。


人は環境によって学び
 
  環境によって育つ

    人と環境によって成長する



14/11/28 11:19
2学期を終えて・・・
平成25年は富士山の世界遺産登録、第32回オリンピックが東京に決定、伊勢神宮の遷宮、空前の猛暑・酷暑日の連続を子どもさん達は体験しました。夏休み中にはお預かりの子どもさんと一緒にスクールバスに乗って大友山へ森林浴。セミ捕りをしたり、川で水遊びをしたり、石手川ダムや松山市水道資料館や松山空港、伊予市の水のない水族館を見学したり、いろいろなことをたくさん学びました。

運動会では、特に年長さんの組体操!東京オリンピック招致をお祝いして側転もカッコよく決まり、とても印象的で感動しました。10月には久万高原町へリンゴ狩りに行きました。今年は夏の日照りで、とても甘く美味しいリンゴをたくさんいただきました。(日野観光リンゴ園さん、ごちそうさまでした!)久万高原町からの帰り道には道後平野が見える旧33号線を通り、奥久谷町へ降りる道中で、たわわに実ったギンナンや非常に珍しい蕎麦(植物)の花を観ることができました。ここからは11月16日の「久谷里山散歩」のお歩きと同じコースを通って久谷中学校を経由し、くたに幼稚園まで帰りました。

また、江南荘でおじいさんおばあさんと手をつなぎ運動会をしたり、6月の田植えから生長し、黄金色に実った稲を一人ひとりの子どもさんが鎌を持ち、収穫しました。作品展もありましたね。子どもさん達が各ホームの保育者と一緒に考えながら想像力を豊かに膨らませ、「協力〜心と心の絆の物語」の世界を表現しました。年長児は剣道・茶道を披露し礼儀作法の成長している姿が見られました。6月に植えた紅あずまも大きいものや小さいものまで、子どもさん達はゾウさんにあげるんだと、泥んこになりながら収穫しました。年長児が代表で砥部動物園に届けに行き、感謝状をいただきました。早速、砥部動物園のゾウさん、リカちゃんやヒメちゃん、今年産まれたばかりのトアくんのエサの時間です。今回はなんと、特別に子どもさん一人ひとりエサやりをさせていただき、とても貴重な体験となりました。園外保育でも、水のない水族館にリンゴ狩り、ハロウィンの森に、Re・再来館とたくさんの場所に出かけ、ルールを守り、たくさん遊び、たくさん学びました。先日行ったRe・再来館では、普段は小学生しか体験は行っていない‘手すき和紙作り’を年長・年中さんが特別に体験させていただきました。ルールやマナーがとても素晴らしいね。また来てくださいね。と、褒めていただきました。おもちつきやマラソン大会、クリスマス会・・・2学期も様々な行事を通して学び、子どもさん一人ひとりが素晴らしく成長しています。

このように、冬休みもくたに幼稚園で普段しているように、ご家庭でも生活習慣に留意し、子どもさんにできる手伝いをさせてみてください。また、家族での会話やスキンシップを大切にして楽しい冬休みを過ごしてくださいね。

  平成25年12月吉日
  徳育学園くたに幼稚園 園長西田昌幸



13/12/26 18:42
待ちに待った運動会
清々しい秋晴れの日が続き、赤とんぼも群れをなして飛んでいます。いよいよ待ちに待った運動会が近づいてきましたね。子どもさん達は、毎日、楽しみながら競技やリズムの練習に励んでおります。学年が上がるにつれ、各々が目標を掲げ、努力する真剣な表情・・・。出来るようになった時の喜びの表情・・・。又、お友達と協力する姿、悔し涙を流す姿・・・。私達保育者も、子どもさん達と一緒に歓喜し、共感し、成長発達を見守っています。

また、種目を発表するだけでなく、子どもさん達は、自分達の発表するステージ作りもしています。「石があったら、転んだとき痛いよね。」「草を抜いてキレイにしてお家の人を呼びたいね。」毎日進んで、石拾いや草抜きをする子どもさん達。「10個も拾ったよー!」と年少さん。「僕は100個も拾ったんよ。」と年長さん。このような異年齢での、面白い会話も聞こえ、石拾いも数遊びとして貴重な学習になっています。

石ころは、運動会にはとても厄介で邪魔者かも知れません。今は、バケツの中で次の出番まで静かに待っています。次なる出番は!!11月17日日曜日の作品展の子どもさんの作品や製作を輝かせる役目で貴重な教育資源であります。(リサイクル教材です。)このように、徳育教育という営みには多面的で私たちにとりましてはりっぱな教材として使います。昔から『みんなが人のために人がみんなのために』という気持ちで石ころを拾っている。大事なことです。これこそが徳育調和波動教育です。

自分達が主役の発表する場、自分達で作り上げたステージ。当日、フィールド内に第一歩を踏み入れるのは、主役である子どもさん達であって欲しいと思います。

子どもさんは、私達大人や小学生のお兄さんお姉さんを観て、真似(模倣)して成長していきます。しかし、それが悪いこと(食べ歩きや、危ない場所に登ったり。)であっても真似をしてしまうかもしれません。そんな時は、周りにいる大人がみんなで注意を促しましょう。そして、自分のマナーも振り返ってみてください。大人ができていないことを子どもさんには注意できませんものね。ルールを守って、子どもさん達が一番輝く素晴らしい運動会をみんなで作り上げていきたいですね。

入園、進級からはや7ヶ月が経ちました。当日は、一人ひとりの子どもさんが成長していることに涙を流して喜んでいただけることと思います。自分のお子さんだけでなく、「あぁ、こんなに小さい頃もあったなぁ。」「大きくなったらこんなことができるんだなぁ。」と、他のホームさんの発表にも目を向け、子どもさん一人ひとりが競技に集中できるようにご協力よろしくお願い致します。


  徳育学園くたに幼稚園 園長西田昌幸 教員一同



13/11/18 19:56