えひめこどもの城来園500万人記念イベント ~憧れのソーラン節~

 10月23日(日)。運動会を終えて間もない日程ではありましたが、無事イベントを終えることができて一安心しています。ハンドベルを演奏できる喜びと、くたに幼稚園に入った頃からの憧れのソーラン節を踊ることができる夢と期待で、お友達は本番を心待ちにしていました。また、大好きな場所の一つである“えひめこどもの城”で踊ることができることは、お友達の意欲を運動会の練習以上に大きくさせてくれました。

 いつもは家族で訪れる、えひめこどもの城。何回も通ったことのあるお馴染みのゲートが見えてきました。「この前お母さんと来たんよ。」と、休日の楽しい一時を思い出し、口元が緩みます。ゲートをくぐると、今日はお友達と一緒に年長児になって初めてソーラン節を踊るというやる気に溢れ、ぐっと顔が引きしまりました。到着してすぐの音合わせの時、子どもさんはステージの上での練習に心臓の鼓動が速くなっていったようで「ドキドキする。」と言っていました。幼稚園内とは違った良い緊張感を抱いていたようです。

 お気に入りの衣装に着替えてスタンバイをし、さあ本番です。中村時広県知事様をはじめ、来賓の方々が後ろから見守って下さる中でのハンドベルは、お友達以上に保育者にとって、とても緊張する場面でありました。しかし、お友達のがんばる気持ちと、生き生きとした眼差しに心を引っ張られ、練習以上の演奏を披露できました。そして、ずっと憧れていたソーラン節を披露する順番がきました。「くたにソーラン。」「おすっ!」のかけ声の元、音楽に合わせて小さな体をより大きく躍動的に動かして、精一杯踊るお友達。長期間幼稚園を休園していたAさんも、顔を真っ赤にして力いっぱい踊っていました。その姿を見て、私達保育者も胸が熱くなりました。踊り終わった後、憧れの年長児の姿に、自分達をしっかりと重ねることができ、伝統あるくたにソーランを受け継ぐことができたという自信に満ち溢れていました。南海放送のアナウンサーの宇都宮民さんの素晴らしいMCの中で、「くたに幼稚園のソーラン節の伝統の重みを感じます。」と言っていただき、私達も一人ひとりの持っている力を最大限にひきだす、くたに幼稚園の教育の素晴らしさを改めて感じました。

 そして最後の風船飛ばしでは、お友達の緊張も緩み、普段のお友達の柔らかな満面の笑顔を見ることができました。つい手を緩めてしまい、風船が手の中から飛び出してしまい、涙がにじむお友達もいましたが、すぐに新しい風船を渡してくれたスタッフのみなさまのおかげで、お友達は全員カウントダウンと共に笑顔で風船を飛ばすことができました。“カールじいさんの空飛ぶ家”という映画にたとえ、「こどもの城も飛んでいくかも。」「風船を3つぐらいもったら、空を飛べるかも。」と想像して楽しんだり、飛ばしたカラフルな風船が木にひっかかっている様子を見て、「きれい!花が咲いたみたい。」とつぶやいたり、お友達の感性が育まれている様子も実感することができました。“エコ”風船の配慮に感心すると共に、風船の持ち手の厚紙も子どもさんの興味を惹く動物のイラストがついてあり、お友達は「かわいい。」と目も心も惹かれていました。あまりの可愛らしさに幼稚園に持って帰り、教育的教材として今も大切に工作コーナーで使わせていただいています。ありがとうございます。

 さらに年長児だけでなく、年少児・年中児にとっても今回のイベントは特に印象強いものでありました。イベントの前日に、年長児がソーラン節を練習する姿を見ました。保育者がお友達に「明日はえひめこどもの城で年長さんのイベントがありますよ。」とイベント内容を口頭で伝えると、たくさんのお友達が観に来てくれました。次の日、イベントを観に来てくれたお友達は「だってソーラン節やりたいもん。だから、お父さんに行こうって言ったんよ!」「かっこよかた~。」とお話をしてくれました。記憶・伝達能力が発達しているのだなと感じる一方で、今回のイベントを通して年長児への憧れや来年年長児になることへの期待や意欲を感じることができました。年長児にとっても、年少児・年中児が観に来てくれたことは、とても嬉しい気持ちはもちろんのこと、年長児としてかっこいい姿を魅せたいという強い意志力へと繋がりました。このように双方にとってプラスの気持ちが芽生える機会を下さったことにも感謝します。

 次の日の保育で、お友達にイベントの感想を聞くと「500万人って大きな数の人が来ているのにビックリしました。」「コシロちゃんが持っていたもの(クラッカー)から、風船が出るかと思ったら、金のピラピラが出てきてビックリしました。」「最後のどっこいしょのとこ、緊張して間違えてしまいました。」「張り切って踊って、お友達の足を踏んでしまいました。」「風船が空に飛んでいって、とてもきれいでした。」「いろんなかけ声を言いながら、ソーラン節が踊れて楽しかったです。」「ハンドベル、遅れてしまいそうでした。」「少し恥ずかしかったけど、嬉しかったです。」「くたに幼稚園のお友達よりたくさん見に来てくれてビックリしました。」など、一人ひとりイベントの内容が心に強く残っていました。こどもの城のイベントに参加させていただいた事が、一人ひとりの子どもさんの心の成長のエネルギー源(原動力)になることでしょう。また、保護者の方からも「緊張していた様子でしたが、本番は普段家では見る事のできない真剣な表情で踊っている姿も見て、嬉しく思いました。」「一生懸命に踊っている姿、とても頼もしく思えました。終わってからも、元気いっぱいにこどもの城でみんなで遊んで帰りました。いつもは家に帰っても、口数が少ないのですが、この日は楽しかったといつまでも話が尽きませんでした。」「初めてのソーラン節、とても上出来な仕上がりでとても感動しました。風船飛ばしもとても印象に残ったようで、大喜びしてました。」「子どもさん達の成長にとてもとても感動して涙がでました。」など、多くの嬉しい感想をいただいたので、ご報告させていただきます。

 清水園長先生をはじめスタッフのみなさま。綿密なタイムスケジュールの中、前々日から何度も丁寧に打ち合わせをしていただきありがとうございました。そのおかげで、私達職員も緊張の中に安心感も共に抱いて、イベントに臨むことができました。また、子どもさん達は素晴らしい舞台での体験をして、ひとまわりもふたまわりも成長しています。お天気の心配もありましたが、無事くわがたのステージでの決行となったのも、お天道様が味方についてくれるパワーがあったからこそだと思います。また、お忙しいにも関わらず、翌日に幼稚園まで訪問くださり、お友達にタオルのプレゼントを下さって、重ね重ねありがとうございました。宝物を入れるように嬉しそうにタオルをカバンの中に入れるお友達の様子は、見ていて微笑ましい姿でした。さらに、楽器や遊具の搬送、細かな配慮、そして何よりくたに幼稚園をイベントにお招きくださったこと、心より感謝しています。園児(お友達)・保育者共に、楽しさ嬉しさ溢れる佳き日となりました。本当に本当に、ありがとうございました。最後になりましたが、えひめこどもの城の城来園500万人記念、誠におめでとうございます。これからの益々のご発展と、スタッフのみなさま方のご健勝をお祈り致します。どうもありがとうございました。




11/11/07
江南荘での心の体験学習で感動したこと

 今年も江南荘の運動会に参加させて頂けるということで、子どもさん達をはじめ、園長、職員一同この日を楽しみにしておりました。
 野山のコスモスが美しく咲き誇り、爽やかな秋晴れの下、江南荘の園庭では一際輝く笑顔と歓声が溢れていましたね。子どもさん達は江南荘に到着すると、「おはようございます。」と、お気に入りの衣裳に身をつつみ、ちょっと得意気に挨拶をする子や、おじいちゃんおばあちゃんがたくさんいてドキドキする、と緊張した表情を浮かべる子もいました。しかし、入場門へと向かう途中、江南荘の職員の方々やおじいちゃんおばあちゃんの温かい笑顔と言葉に励まされ、入場門に並ぶ頃には「僕、元気に唄うね。」「私も大きく踊るよ!」と緊張もほぐれたようです。周りを見渡す余裕も出てきたのか、「あっ、あんなところからも見てるよ。」と、江南荘の建物の中から手を振ってくれるおじいちゃんおばあちゃんを見つけ、「お~い。」と子どもさん達も手を振りました。たくさんの方からの応援を胸に元気ハツラツにステージへとびだしていく子どもさん達。年少児、年中児、年長児とどの学年もいつものように明るく元気に、そして笑顔でダンスを披露することができました。おじいちゃんおばあちゃんからの温かい拍手が子どもさんの胸にもきっと届いたことでしょう。
 競技に参加させていただく時、Yさんに「おばあちゃんと手を繋いでね。」と声をかけました。おばあちゃんがYさんに手を差し伸べ、おばあちゃんの右手に触れた時、Yさんは一瞬顔が強張りました。しかし、おばあちゃんがにっこりと微笑む顔を見て安心したのでしょう。Yさんは自然と自分の左手をおばあちゃんの手の上に重ね、笑いかけたのです。その光景を見て、年齢は離れてるけど、言葉はないけれど、心と心が通じ合った瞬間のように思いました。「前に進みますよ。」の職員の方の言葉がけに、私も車いすの方に「押させていただいてもよろしいでしょうか?」と声をかけ、車いすを押そうとしましたが、意外と重くてなかなか前に進みません。私は自分の祖父や祖母を見ていると何だか小さく見えるのですが、今日の車いすを押す体験で、お年寄りの方の今までの人生の重みを感じました。
 今年はおじいちゃんおばあちゃんと一緒の席に座り、より近くでおじいちゃんおばあちゃんと接することができ、とても貴重な体験になりました。最後の宝探しでは、「おじいちゃんも一緒に行こうよー!!」とおじいちゃんの手を無邪気にひっぱる子どもさんもいました。短い時間ではありましたが、まるで、自分のおじいちゃんおばあちゃんと接するかのように、初めて会ったとは思えないほどの屈託のない笑顔の子どもさん達の姿を見て、私達保育者も胸が熱くなり、とても嬉しく思いました。おじいちゃんおばあちゃんに元気を分けてあげようよ!!と張り切っていたのですが、逆におじいちゃんおばあちゃんから、温かい気持ち(エネルギー源)を分けていただいたように感じます。
 幼稚園に帰ってからも、興奮冷めやらず、今日の運動会について子どもさん達と一緒にお話をしていると、「おばあちゃんが優しかったです。」「衣裳もかわいいけど顔もかわいいってゆってくれました。」「手が温かかったです。」「手がしわしわでした。」「血管がプクって出ていました。」「おじいちゃんと一緒に座れて楽しかったです。」「頭をさわってくれました。」「ダンスを見てくれたのが嬉しかったです。」「もっとおじいちゃんとお話したかったです。」「宝探しが面白かったです。」「おじいちゃんおばあちゃんが笑っていました。」「喜んでくれました。」「歩くのが遅かったからMが助けてあげました。」「Kのじいじとばあばみたいやった。」「また行きたいです。」おばあちゃんと手を繋いで競技をしたYさんも、「おばあちゃんの手がね、ふわふわしててね、なんか可愛かったんよ。」とお話してくれました。次々に手を挙げ自分の感じたことを発表するお友達。一度発表したお友達も何度も何度も手を挙げ、全部聞いていたらもう幼稚園からお家に帰る時間になっちゃうよ!!というくらい話が尽きることはなく、それだけで子どもさん達の心には今日の体験がとても素晴らしい印象記録として深く脳裏に残ることでしょう。普段はおとなしく、時にやんちゃな子どもさんがおじいちゃんおばあちゃんとお互いに楽しそうに会話をしているところを見られて子どもさん達にとっても、とても良い社会勉強になっているのだなぁと感じました。
 今日一日、江南荘の皆様とくたに幼稚園の子どもさん達が一緒に過ごしたこと、一緒に笑い合ったこと、それは本当にかけがえのない時間です。今日の日のことをいつまでも思い出として、また会えることを楽しみにこれからも子どもさんと一緒に幼稚園で元気いっぱいに過ごしていきます。本当に本当に素晴らしい時間をどうもありがとうございました。皆様と心と心の絆、そして強さを感じました。
 秋も深まり、寒さの厳しい季節へと近づいていますが、どうぞお体に気をつけ、これからも温かく笑いの絶えない江南荘の皆様の姿を願っております。
 どうもありがとうございました。

 昨日(さくじつ)、江南荘の施設長さんや介護士さんのお話を伺いますと、入所以来集団になじめず会話をしなかったり、脱走をしたりしていました男性の利用者が、人が変わったように笑顔で拍手をしている光景を見て一応にビックリしたとおっしゃっておりました。そして子どもさんのパワーはとても素晴らしいと感激されていました。江南荘の方々は、毎年くたに幼稚園のお友達と会えるのを楽しみにしておられるそうです。しかし、どうしても年をとると体に不自由が出てきます。また来年会いましょう・・・ということが難しい方もたくさんいらっしゃるのです。昨年も江南荘の運動会に参加させていただきました。それから数名の利用者の方がくたに幼稚園のお友達とまた会いたいなあ。素晴らしかったなあ。と涙ながらに亡くなられたそうです。その涙は決して後悔の涙ではなく、楽しかった、嬉しかったという、感謝、感激、感動の涙であったといいます。そのお話を聞いて私達も感極まり目頭が熱くなりました。

追伸
 園長のお世話になっています方々に江南荘での心の交流の様子をご報告致しましたところ、長年にわたり積み上げてきた魂の教育がやっと実って来ましたね!と、とても明るい笑顔で応えてくれました。よりいっそう精進してまいる決意です。




11/11/01