心の教育について

◎転んでも一人で起きられる子どもに
・大人になって、苦労・困難にぶつかったとき立ち向かっていくことの出来る力を養う。(今の自分の力では難しいことにも、挑戦しようとするパワーがある。)

◎夢をもった子どもに
・未来に夢と期待を抱くことが出来、なおかつ現実の姿も学んでいくことが出来る。(日々、夢と感動と物語がある。)

◎周りが見える子どもに
・他人の話を静かに集中して聞くことが出来るようにする。
・自分の考え・気持ちを表現出来るようにする。(家族の団欒・近所の子ども同志の集団遊びなど、人と人との心の触れ合いがある。)

◎心の優しい子どもに
・時間を忘れて本の世界に没頭することで、言語能力が成長し感性が豊かに、さらに人間性の向上にも繋がる。
・生きていること自体を純粋に喜ぶことが出来るようにする。(まだこんなにも恵まれているという感謝の心がある。)

◎最後まで頑張りぬく子どもに
・親から注意を受けて育った子は、判断力・責任感がない。(集中力・判断力・責任感・使命感がある。)

   くたに幼稚園 園長 西田昌幸




12/12/25