秋季運動会号

すばらしい秋晴れの下、くたに幼稚園の運動会が盛大に行われました。プログラムも盛りだくさん用意し、会場の方々全員が参加・参画・参観できる様に配慮しました。

特に今年度4月に入園以来、『見せる保育』とか『見せる運動会』ではなく「子ども中心の教育」「子ども本位の教育」ということに主眼を置いて頑張ってきました。教育者中心のカリキュラムではなく、「子ども主体」の保育カリキュラムが大変重要なカギになります。「子ども主体」という言葉も文字も分かりますが、意味を間違えますと、大変な間違いになります。そこで詳しく申し上げます。

私たちは「自由、自由」とか「自由にのびのび」などをよく口ずさみます。
大変なじみやすいですし、また、耳当たりも心当たりも非常に安らかで心地よいものですね。実は、「自由」には種類があり、教育で言う「自由」とは「責任ある自由」であります。それでは、「責任のない自由」とは、放任ということになります。
昔から「三つ子の魂百まで」と言われてます通り、幼少の最も重要な時期に親や教育者(私たち成熟した大人)の知性や教養はもとより成熟した大人!人間的資質の向上心を常に培養することこそが最も重要な教育力といえましょう!

カントは乳幼児期にしつけ教育を受けずに育った人間は一生不幸である!と言っています。また、子どもに成ってほしい(育ってほしい)と要求しているあなたがその人物像になりなさい!とも述べています。

幼稚園で何を教えるか
1.ひろい心、健やかな身体、ふたたかな創造力
2.自由、自立と公共の精神
3.世界の中の日本人

大人を一人前とするなら
幼児は20年間の養育期間を必要とします。
「子ども本位」の保育をするためには私たち大人(親・教育者)の正しい意味の理解が必要です。子どもは一人ひとり発達段階や速度が異なります。特に、知的発達、道徳的発達、宗教的情操教育などです。
オープン教育では3つのことが育ちます。
1.自分でやる意欲。自分の意志
2.責任感・自主性
3.適性 その人に合った仕事・職業

「刺激と反応と変容」という教育の営みを、より幅広く効果的に学習するために、くたに幼稚園では一年間の教育計画を立てています。今年度4月から9月までの意志力、豊かな表現能力、全体に調和する個人などの心理面や体力・感性などの発表であります運動会というイベントを体験して、また、たくましく成長されました。子どもさん達の成長・発達に負けない様に私たち大人も日々学習して共に成長したいものです。

21世紀の明日の国家社会を担う「くたにっ子」のために私もより学習して頑張る所存です。子どもさん達「運動会」大変お疲れさまでした。子どもさん達のすばらしい演技を観て、たくましく!また、頼もしく!思えたのは私だけでしょうか。お友達、すばらしい夢と感動をどうもありがとう。

  園長 西田昌幸




12/11/21
江南荘運動会参加のお礼 ~江南荘の職員様の文章~

先日は、お忙しい中、江南荘運動会に参加していただきまして誠にありがとうございました。
くたに幼稚園の園児の皆さんによる元気いっぱいのお遊戯やダンス、そして利用者の方々とのパン喰い競争など、とても楽しいひとときを過ごす事ができ、利用者の皆さんも大変喜んでいらっしゃいました。

園児のみなさんのお遊戯やダンスを毎年楽しみにしています。手拍子を送り、孫やひ孫を見守るように今年も応援していました。そしてテントの中では園児さんを自分の膝の上に乗せ、微笑ましい笑顔のやり取りをする利用者さんの顔が印象的でした。園児の皆さんとのふれあいを今後も大切にし、楽しみにしています。

東日本大震災以降も、「絆」が大切にされています。

今回の運動会でも、くたに幼稚園の西田園長先生をはじめ、多くの先生方、そして園児の皆さんとの地域交流、そして世代を超えてたくさんふれあいがはかれ、「絆」づくりができました。

西田園長先生をはじめ、保育士さん、園児の皆さん、本当にありがとうございました。

また来年もかわいらしい園児さんにお会いできますよう願っております。




12/11/21
江南荘の運動会に参加して

先日は江南荘の運動会に参加させていただき、ありがとうございました。
子ども達に「おじいちゃん、おばあちゃんの運動会に行くよ!」と、声をかけると、「えぇ~っ!?やった~!」「僕のおじいちゃんも来てるかな?」と、自分達のおじいちゃん、おばあちゃんが参加する運動会だと思っている3歳児さんもいました。また、年長児になりますと、おじいちゃん、おばあちゃんの運動会ってどんなことをするんだろう・・・?リレーもあるのかな?と、自分達の運動会を思い出し考えたり、想像したりする姿も見られました。私も今回初めて江南荘の運動会に参加させていただき、実は年長児と同じ気持ちで・・・ドキドキ、ワクワクしていました。

江南荘の運動会当日は、かわいい衣装を身にまとい、期待に胸を膨らます子どもさん達の様子が表情から伝わってきました。バスに乗り込み、「出発します。」「お願いします!」のいつもの保育者と子ども達のやり取りも、気合十分の元気な「お願いしますっ!!」という声が返ってきました。おじいちゃん、おばあちゃんに自分達の発表を見てもらえることがとても嬉しかったのですね。

バスが着くと、競技中にも関わらず職員の方が温かく迎えてくださり、また丁寧に待機所や競技の内容、順番等を教えてくださり、こちらもとてもスムーズに子ども達を誘導することができました。気配り、心配りをしていただき、本当にありがとうございます。

おじいちゃん、おばあちゃんの競技を見て、「あっ、にわとりの鳴き声!」「上手~!」「うわぁ~おじいちゃん力持ち!」と、年少さんも見て聞いて楽しんでいました。年長児は実際に競技に参加し、おじいちゃん、おばあちゃんと手を繋ぎました。

核家族化が進む中で、地域のおじいちゃん、おばあちゃんと手を繋ぐことは滅多にありません。初めは手を繋ぐことに緊張感から抵抗を感じていたお友達もいましたが、おじいちゃん、おばあちゃんの手を握り、おじいちゃん、おばあちゃんの手って‘温かい’‘大きい’‘しわしわ’だなぁ。と、心の中で感じていたようです。手を繋ぎ歩幅を合わせてゆっくりとおじいちゃん、おばあちゃんの手を引くお友達、絶対負けたくない!とグイグイと引っ張るお友達もいましたね。思いやりの気持ちや競争心が成長しているお友達も、あっ、おじいちゃん、おばあちゃんって早く歩けないんだ!じゃあ、どうしたらいんだろう?と気付いて考えるきっかけになったように思います。

各学年のダンスでは、くたに幼稚園とは運動場の大きさも違うし、初めて来た場所だし・・・という保育者の心配をよそに、子どもさん達はいつも通り元気に、また、自分で考えながら、お友達同士で教え合いながら発表する姿が見られ、私達も驚き、子ども達の秘めている可能性って無限大だなぁと改めて感じました

入場の前に職員の方や、おじいちゃん、おばあちゃんに「かわいいね!」「頑張ってね!」と声をかけていただき、お友達は「はいっ!」と堂々と答える姿もあり、成長したなぁと心が温かくなりました。発表時や発表後には温かい手拍子や盛大な拍手をいただき、本当にありがとうございました。おじいちゃん、おばあちゃんが喜んどった!笑顔だった!と、子どもさん達も嬉しそうでとても満足気でした。

園長をはじめ、私達保育者も競技に参加できるプログラムを準備いただき、子ども達と一緒に楽しむことができました。みんなの大好きな園長先生が変装すると・・・「園長先生が変身したー!」と子ども達もひときわ大喜びで歓声の余韻に感動しました。園長先生の育て心の教育愛を私達も見習いたいと思います。みんなの明るいたくさんの笑いに溢れていました。

本当に、子どもさん達にとっても、私達にとっても、心温まる素敵な一日となりました。私達がバスに乗り、出発するまで、みなさんで見送ってくださり、とても嬉しかったです。このような地域の方とふれ合うことのできる素晴らしい機会を提案してくださいましたことを心より感謝いたします。本当に本当にありがとうございました。

私も江南荘の運動会に初めて参加させていただきましたが、江南荘の職員の方の司会進行や、年長者の方に合わせた綿密な企画構成、そして明るい笑顔、年長者へはもちろん、訪問させていただいた私達への気配り・心配りにとても驚き、感動しました。職員の方が無邪気にお年寄りの方と接する様子を見て、とても楽しそうで私達保育者と共通する部分もたくさんあるなぁと感じる半面、自分達より先に生まれ多くのことを経験してきた年配の方を敬う気持ちや接し方を見習いたいと思います。

2時間もない短い時間でしたが、1日ずっと一緒に過ごしたかのような安心感や充実感でいっぱいです。
くたに幼稚園でも園長の‘徳’を育てる徳育教育の下、自分自身の心を豊かに日々子どもさん達の成長を見守り援助しています。機会があれば江南荘の皆様もくたに幼稚園に足を運んでみてくださいね。

これから冷え込みも厳しくなりますが、どうぞお体に気をつけて、あの運動会の日の様に笑いの絶えない皆様の姿を願っております。

本当にありがとうございました。




12/11/09
秋の運動会の保護者からの感想

いつもお世話になります。先日は「秋の運動会号」の原稿を拝見させていただき、ありがとうございました。
運動会では、園長先生をはじめ、先生方のご指導のおかげで、私達保護者も子ども達の成長を十分に感じることが出来ました。本当にありがとうございました。日頃より、くたに幼稚園での、「子ども中心の教育」において、子ども達が学ばせていただいただけることは、とても有難い環境だと感じております。一人ひとりを尊重し、見守っていただく中で学んでいくこと、また、お友達と協力し合い協力する中で成長しあっていくこと、そして、毎日のお当番や大きな行事での司会・係等の役割を果たすことで自信という大きな力を持てるようになることなど、子ども達のすばらしい成長を目に見えて感じることができ、いつも嬉しく思います。
昨年、登園時によく泣いていた娘が、先生方に温かく見守っていただき、お陰様で今では朝の身支度も自ら進んで準備をしたり、担任の先生からの口頭でのお知らせもきちんと伝えてくれ、準備物を確認したりと、日々の生活においても成長している姿を見せてくれています。何よりも、帰宅すると「幼稚園での楽しい出来事」をたくさん話してくれる時間が親子での楽しみのひとときとなっています。また上の小学生の娘も今学期は学級委員に選ばれました。先週の参観日には、親の心配をよそに、学級委員の仕事をしっかりとこなしている姿に、くたに幼稚園の時代に培っていただいた自主性や責任感といたものを改めて感じる機会となりました。幼稚園時代に大切な事をたくさん教えていただき、小学生になってもますます成長しているんだなと思うと感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。私どもがいつもお世話になっているにもかかわらず、お心づかいをいただき、恐縮しております。主人からも園長先生にお礼を、との伝言を預かっております。本当にありがとうございました。今後ともくたに幼稚園での毎日を楽しみにしております。よろしくお願いいたします。




12/11/09