江南荘交流会 ~さくらさくら ソーラン節~

平成24年2月15日(水)。年長児は、江南荘の交流会に参加させていただきました。女の子は、おゆうぎ会で魅了した”さくらさくら”を、男の子は堂々と感動を伝えた”ソーラン節”を披露しました。

おゆうぎ会とは違うステージで踊れることを、お友達は楽しみにしていたようで、「どんなステージなんかな?」「おゆうぎ会の時より高いんかな?」とわくわくしている様子がすごく伝わってきました。そして何より、たくさんのおじいさん、おばあさんと会えることを心待ちにしていたようで、「運動会の時に会ったおじいちゃんかな~?」「また見てくれるん?(運動会のダンスと今回)みんな優しいね!」と前日から嬉しそうでした。

朝、衣装に着替えて、バスに乗り江南荘へ向かいました。「もう着いた!」と、ご近所の江南荘へはあっという間に到着です。お借りした楽屋で衣装を整え、ホールへ移動する途中、「ちょっと胸がドキドキしだした。」と胸を押さえて微笑んでいたお友達の姿は、可愛らしくとても印象的でした。廊下ですれ違ったおばあさんへ「おはようございます!」と元気にご挨拶をし、ホールへ到着すると、たくさんのおじいさんおばあさんに圧倒され緊張が増しているようでした。女の子は2段階段があるステージへ移動し、2段に分かれて踊りを披露する予定でしたが、おじいさん、おばあさんのご要望に応じて1番上の段のみで踊ることになりました。練習とは違う位置での本番となりましたが、お友達は変わらず楽しんで美しい舞を披露することができました。「かわいいね~。」と言う声や、さくらさくらの曲に合わせての歌声も聞こえ、おゆうぎ会以上の声援がもらえたような気がしました。また、男の子もおじいさん、おばあさんの隣で一緒に正面から見ることができ、楽しそうでした。

男の子のソーラン節の時は、リズムに合わせて手拍子をしていただき、男の子もいつも以上に張り切って踊ることができました。いつもは女の子も一緒に踊っているソーラン節ですが、今回は男の子一色のソーラン節で、より堂々としたかっこいい姿を見ることができました。「迫力がるね~。」「衣装が似合うね~。」との声が聞こえ、私もお友達同様嬉しくなり、思わず口元が緩みました。

とても大きな拍手をもらい、最後には「また来てね~。」「運動会きてね~。」「ありがとう~。」とお友達の元気に負けないぐらい元気なおじいさん、おばあさんが言葉のプレゼントをくれました。お友達も「元気でね~。」「また来るね~。」と緊張の糸もほどけ、元気な声で言葉を返していました。『また来たい。』『また来てほしい。』というお互いの気持ちが、すごく温かいなと感じた瞬間でした。

バスに乗る前も、一人のおばあさんがずっとお見送りをして下さいました。目に涙を浮かべながらお見送りをしてくださる姿は、私にはもちろんのこと、お友達の心にも深く刻まれているようでした。帰園し、感想を聞いてみると、「最後のおばあちゃんが泣いていました。」と言うお友達がいました。「どうして泣いていたのかな?」と尋ねてみると、「バイバイするけん、寂しかったんやと思う。」とおばあさんの気持ちを汲み取っていました。離れるのが寂しくて泣いてしまったということ。それは決して嫌な気持ちになったわけではなく、お友達に会えたことが嬉しいから、お友達のダンスが素敵だったから、そういう気持ちになったのだということ、そんな温かい気持ちを知ることができたようです。

また、「さくらさくらを踊った後、あばあちゃんの隣にいったら、上手やったよ!もう1回踊って!って言われて嬉しかったです。」という感想を一人の女の子が発表してくれました。江南荘へ行って、”おじいさん、おばあさんに元気なパワーをあげる”というねらいがあり、今回そのねらいが達成できたなと、私の目には映りました。しかし、逆にお友達もパワーをもらってたのだなということを、この感想を聞いて私は強く感じました。パワーをあげて、パワーをもらって、1時間もない短い時間の中での一時でしたが、本当に良い経験ができたと思います。『おじいちゃん、おばあちゃん、また会いに行くね!』




12/03/12
おゆうぎ会を終えて

今年も会長さんを始め、役員さんや父母の方々に支えていただき、子どもさんの成長を生涯学習センターの大きな舞台で披露することができました。本当にありがとうございます。

私がくたに幼稚園のおゆうぎ会を迎えるのも今年で4回目になりました。今年度は初めての年中(4歳児)担任ということでプログラムを考える際、どのように構成しようか迷いました。そこで、子どもさん達の4月の姿と今の姿を振り返り、比較してみると心身ともに成長している姿が思い浮かびました。例えば、なわとびの練習。A君は難しくてなわとびが跳べませんでした。跳べないからつまらない。止めよう。と、すぐに諦めてしまいます。A君には読み書きや製作においても根気が続かず意欲が持てない様子も多々見られました。園長先生も戸外で子どもさんと一緒に木登りをしたり、体全体を使って一緒に遊んだりする中で一人ひとりなわとびの様子を見て下さいました。跳ぶのが苦手な子にはジャンプのリズムを、うまく回せない子には手首の動きを、跳べるようになった子には「30回跳んでみよう!」「駆け足跳びに挑戦してみよう!」「後ろ跳びもやってごらん。」「あやとびはできるかな?」と次のステップへ進む目標を。平等に一人ひとりにあった援助、言葉かけをして遊びながら技術指導(テクニック)して下さいました。すぐに諦めてしまっていたA君も「僕も園長先生に見て欲しい。」「〇○ちゃんみたいに跳びたい。」と周りのお友達から刺激され、それからというものA君は幼稚園でもお家でも遊びながら練習して少しずつ跳べるようになりました。3学期になる頃には「先生、見よって~!」と、跳べるようになったことを嬉しそうに披露してくれるA君。『二拍子』『一拍子』『片足跳び』『後ろ跳び』『駆け足跳び』一人ひとりできるようになったことに個人差があります。縄を回してジャンプするリズムをつかめた。それだけのお友達もいます。しかし、4月からその子の様子を見てきた私からすると驚くほどの成長です。思わず胸が熱くなり涙が止まりませんでした。やはり、できるようになるにはそれまでの課程(プロセス)があったはずです。一生懸命に練習したはずです。そんな子どもさん達の心の成長、練習すればできるようになる。楽しい。という成功体験、努力を継続することによってできる!という自信へと繋がったように感じます。なわとびの練習を通じて、その子の持っている可能性を惹き出し何に対しても意欲的に積極的に取り組むようになた姿から心の教育がとても大切だと実感しました。

また、運動会の頃には年長児の組体操に憧れお部屋の中で‘おうぎ’‘東京タワー’‘フラワー’など見よう見まねでお友達同士で遊びの中で一緒に挑戦していました。その姿からは、年長児に対する憧れと同時に年長になるまで待ちきれないよ!やてみたい!という溢れんばかりの意欲とやる気に満ち溢れていました。そんな子どもさんの生き生きとした普段の幼稚園での様子を保護者の方へ見てもらいたいという思いから、なわとびや組体操、回れ右やスキップを劇やダンスの中に取り入れることにしました。

今年は‘創作劇’として『スイミー』のお話を選びました。小学2年生の国語の教科書に掲載されている有名なレオ・レオニ作。谷川俊太郎訳。のお話で私自身も小学生の頃に学んだことを覚えています。
小さな魚や海の生き物達が助け合い励まし合いながら、勇気と知恵をふりしぼり、大きなまぐろと戦う話。大きなまぐろに食べられてしまうよ。怖いよ。だけどいつまでも隠れているわけにはいかない。どうすればいいか考えよう。みんなで考えるといいアイディアが浮かぶ。みんなで呼吸を合わせて大きな魚のふりをして並んで泳ぐということ。みんなで約束する。決して離れ離れにならないこと。みんな持ち場を守ること。約束を守り一匹一匹(一人ひとり)が役割を与えられ責任をもった。上手に泳げるようになった時ははじめて大きなまぐろを追い出すことができた。このお話の中で一人ではできないことや、やる気のおきないこともみんなで考えて知恵を出し少し勇気をふりしぼり一歩を踏み出すことでどんなに難しいことでもできる(協力教育)ということや、一人ひとりが責任を持つこと。私達は一人で生きているのではない。周りの人に支えられ助け合いながら生きていること。子どもさん達に伝えたい様々なメッセージや普段の子どもさんの姿に重なる場面もたくさんありました。また、谷川俊太郎さん独特の訳の中には『そのとき恐ろしいまぐろがミサイルみたいにつっこんできた。』『虹色のゼリーのようなクラゲ』『水中ブルドーザーのようないせえび』絵本の表現には様々な比喩表現が使われ、海での美しい情景が思い起こされます。その情景を‘ナレーター’という役を作り絵本通りに表現することにしました。これもまた、小学生になるまでの先行体験として比喩という表現を体で感じることや声に出して文字を読むという音読へ繋がることを意識し、年長児になり、様々な行事の司会も簡単にできるのではないかという思いと願いがありました。

3学期に入り、晴れた日も雨の日も毎日お部屋でおゆうぎ会の練習練習という毎日が続きました。2月3日に雪が積もったことをきっかけに久しぶりに戸外へ元気いっぱいに子どもさん達と一緒に走り回り雪合戦をしたり雪だるまをつくったり・・・手も鼻も真っ赤になるくらい冷たかったけれど寒さを感じないぐらい汗をかき、私も童心に戻って無邪気に遊び、心から楽しい!感じました。それを機に練習の中のわずかな時間を見つけ戸外に出るようにしました。ホームのお友達全員で‘こおり鬼’をすると、以前はルールも理解しないままタッチされても逃げる。というような姿から、きちんとしたルールを理解し立ちされたらこおる。味方の助けを待つ事ができるようになっていました。また、凍った仲間を助けるために鬼の目を伺いながら隠れて助けに行くタイミングを伺ったり、二人で協力して一人が前から行ってもう一人が後ろから助けに行くなど、自分達で考え、創意工夫しながら遊んでいるという成長にとても驚きました。おゆうぎ会の練習で、お友達と教え合いながら練習する姿。元気に堂々と発表する姿。私はおゆうぎ会へ向けて成長している子どもさん達の姿しか見えていませんでした。今日、戸外で子どもさん達と一緒に遊ぶことでこんなところでも成長している。いつの間に子どもさん達の考える力や学ぶ力が育っていたんだろうと子どもさんの思わぬ成長に嬉しさと同時に自分のおゆうぎ会へ向けて一直線という焦りの気持ちに反省しました。体を思い切り動かすことによって脳と心が活性化され、その後の練習ではけじめをつけ、自分で姿勢に気をつけたり意欲的に動いたりする姿も見られました

本番では、程良い緊張感の中に落ち着きのない姿も見られましたが、幕が閉まり一つの舞台を演じ終えた子どもさん達は、「あ~楽しかった。」「もう一回したいなぁ。」と満面の笑顔でした。自信を持って発表し、楽しい。と感じられること。これも一つの成長のように感じ、私も控え室に戻って来る子どもさん一人ひとりを抱きしめながら声をかけ、子どもさんの気持ちに共感しました。

一日一日、一秒一秒の保育の中で適切な緊張感や集中力、そして持久力を養ってきた結果、一人ひとりの子どもさんが素晴らしい発表をし、成長しています態(すがた)を見せてくれました。園長がいつも言っていますように、くたに幼稚園の特色である『学び方を学ばせる』という教育の素晴らしさ、大切さを改めて実感しました。

こうして、心身ともに健やかに逞しく育っている子どもさんと共に私も未来に向かっての希望や希(のぞみ)が大きくふくらみました。

一人ひとりのお友達へ・・・感謝!感激!!感動!!!をどうもありがとう。

最後になりましたが、すずらんホームさんの年長さんまで一人ひとりの子どもさんの心に寄り添い一緒に遊んでくれたり、全てのプログラムを考慮し選曲・演出して下さった園長先生に熱く感謝いたします。本当にありがとうございました。




12/03/12
~共育~ ともに育つ調和波動教育のすばらしさ

平成23年12月28日(水)。年長児・ひまわりホームの担任になって約9ヶ月が過ぎ、新しい年を迎えようとしている今、あらゆる感情と感動と思い出で胸がいっぱいです。4月当初、大きな希望と不安とともに新しいひまわりホームが誕生し、振り返ると数え切れない程の思い出のある毎日ですが、あっという間であったという気もします。行事やイベント続きの毎日で、気持ちに余裕のない日々は続きましたが、それは教育という営みで子どもさんと関わり、良い意味で充実していたとも言える日々でした。

ホームのお友達は個性の溢れた17人。最初はお片付けをすることもできず、何から教えたら良いの?と正直不安が募りました。しかしながら、お友達の可能性は本当に無限大であり、年長児になって、できるようになったことがそれぞれ多あり、今では“成長”という言葉が一人ひとりに似合うお友達ばかりです。幸せなことに、毎日毎日笑顔で登園し、明るい笑顔で挨拶をしてくれて、驚くような成長を見せてくれます。1学期末の個評や日々の成長記録を、今改めて見返すと、涙があふれてくる程の嬉しさの想いでいっぱいです。朝の挨拶ができるようになった、縄跳びが100回跳べるようになった、逆上がりができるようになった、字が上手になった、平仮名が読めるようになった、明るくなった、人前でも大きな声で発表できるようになった、など生活面・勉強面・運動面、多方面での成長がありました。人生で初めてできるようになったこと、それを目の前で発見し、感じ、喜び合えることが本当に嬉しいです。またそのことは、私の心の宝物の一つでもあります。

一人の保護者の方に「先生は、子どもの成長に1番立ち会えるのでうらやましいです!」と言われたことがあります。私は率直にその気持ちがありがたく、私自身納得させられ、なんだか幸せな気持ちになりました。幼稚園教諭の素晴らしさ、また良さを実感した言葉でありました。1日1日過ごす中で、お友達は本の少しずつ、時にはすごく大きな成長をするので、その瞬間瞬間を見逃すことのないよう、またその成長に気づけるよう、これからも一人ひとりを見るということをとても大切にしたいと感じました。そして、少しの成長でも子どもさんを褒めて保護者の方に伝え、一緒に喜んでもらうことが私の幼稚園教諭としての使命・責務の一つなのかなと思いました。

卒園まで残り3ヶ月。4月の不安な気持ちに変わり、今は可能性を信じる気持ちが大きくあります。少し難しいかな・・・と感じることも、「大丈夫!できる!」という気持ちにすぐに変わります。やってできないことはないのだということを、私はこの9ヶ月の時間の中で、お友達から教えてもらいました。夏の祭典も運動会もソーラン節も作品展も、私の想いを超える発表をしてくれたお友達。次への期待心はおゆうぎ会へと向けられています。どんな成長を見せてくれ、どんな日々の思い出が増えるのか、楽しみで楽しみで気持ちが高揚しています。

3学期は卒園式で締めくくる学期となります。立派に成長した態(すがた)で幼稚園を巣立ち、小学校へ見送ることができるよう、これからも初心を忘れず、お友達と楽しみながら、幼稚園生活を送れるように保育に精進します。これから卒園までの日々も、きっとあっという間に過ぎていくものと思います。気がつけば・・・ということにならないよう、一瞬一瞬を日々を大切に、濃い時間を共有していきながら、笑顔溢れるひまわりホームを築き続けたいです。




12/03/12
保護者の方からのメッセージ

先日は、ソーラン節の貴重な資料をいただき、ありがとうございました。

拝見させていただき、限られた時間の中での練習、そして、イベント本番と先生の熱意と子供達のよい緊張感を感じることができました。また、イベント終了後の皆で頑張ったという充実感や、一人ひとりの得た自信はかけがえのない体験であり、くたに幼稚園でのすばらしい思い出となって子供達の心の中に残っていくことと思います。

なかには、踊りや楽器が得意な子も、最初はそうではない子もいると思います。しかし、先生方のご指導によりだんだんと上手になり皆で心を一つに合わせて発表できるようになる喜びや練習の中でお友達と助け合う気持ちが生まれることなど、ソーラン節やハンドベルを通して成長する姿を見られるとは、保護者にとっても本当に嬉しいことだと思います。

今回23日当日は、残念ながらこどもの城に足を運ぶことができませんでしたが、翌日のニュースで紹介されており、大勢のお客さんの中、ソーラン節の音楽にのせて踊っている年長児さんの頼もしい姿を見させていただくことができました。

私が初めてくたに幼稚園のソーラン節を見たのは、甥が5年前に高島屋のイベントで発表したときでした。こんなに小さな子供達が!!すごいなぁ!!と驚き、感動したのを覚えています。そして、昨年は長女も憧れのソーラン節ハンドベルを発表させていただき、今もDVDを見ては踊っています。また、「私も年長さんになったら踊れる!」との期待を胸に、姉を真似して踊る次女。今後も楽しみです。

このように、先生方のすばらしいご指導や思いと共に、年長児さんに受け継がれ、心身共に成長していくこと、また、発表の場にいるお客さんに笑顔と感動を与えていけることは、本当にすばらしいことだと思います。

先生方をはじめ、発表の場を提供してくださる方、スタッフの方など、たくさんの協力があってこそ、続いていくのだと思います。支えて下さる方々に本当に有難く思います。

これからも、くたに幼稚園の一つ一つの行事・イベントを親子共に楽しみにしています。今後共、よろしくお願いします。




12/03/02